住宅ローンの借り換えタイミングは?

住宅ローンの借り換えタイミングは景気と大きく関係しております。
ローンには固定金利タイプと変動金利タイプがあります。
固定金利タイプですと、一定期間金利固定です。
固定金利タイプですと景気に左右されませんので金利が上昇しても一定期間が完了するまでは低い金利なのです。
変動金利ですと市場金利に連動します。
住宅ローンの借り換えタイミングとしては不景気になり、市場が低金利なると、固定金利から、変動金利に切り替えるのがいいのです。
逆に景気が上向きになると市場金利が上がっていくので、ローンは変動金利から固定金利にするのがいいのです。
銀行ローンの金利は市場の金利に大きく影響を受けます。
切り替えるには経済状況を注意深く見ることが大切です。
市場金利が銀行の金利に反映するには半年の時間があります。
その間に切り替えるのがいいのですが、借り換えは手数料がかかります。
何度も行うと返って損する可能性がありますので良く考えておこないましょう。