体臭と食べ物の関係

加齢臭と食べ物には非常に大きな関係があります。
加齢臭が発生するメカニズムには皮脂腺から分泌される脂肪酸と活性酸素が関係してきます。
脂肪酸にも活性酸素も食べ物によって大きく左右されるからです。
まず、皮脂から分泌される脂肪酸が少なくなれば加齢臭は減少することになります。
脂肪酸は脂肪から作り出されますから、脂肪を大量に摂取すると加齢臭につながるわけです。
もちろん、油脂そのもの、マーガリンやバター、ショートニングなども加齢臭を増やしやすい食べ物です。
リコピンやカロチンといった色素成分は活性酸素の働きを妨げてくれます。
さらに、大豆イソフラボンやカカオ、ワインに含まれているポリフェノールも抗酸化物質として働いてくれます。