住宅ローン借り換えのお得な方法は?

住宅ローン借換を考える人は多いですが、その中でもおススメなのが借り換え専用住宅ローンの活用です。
金融機関の中にはこの制度を設置することが多くなってきました。
借り換えローンは、各金融機関で多少異なりますが、低利な資金に借り換えが可能です。
融資条件を要約すると、購入後一定期間以上経過した居住用住宅購入者で、安定した収入があり、担保査定額に最高2500万円を上乗せした額を、年間返済額の税込年収負担割合以内とし、融資するのが一般的です。
返済は変動金利型、固定金利選択型で、最長35年返済が可能ですが、現在の借入れの住宅ローンの残存期間の範囲内の返済となります。
事例としては、平成9年の平均的なマンション価格を当時の資金計画で購入し、11年目の段階金利に気がついて、低利の借り換え住宅ローンの利用を考えたとします。
そして借り換えにあたって自己資金無しで当初の返済期間と同じく15年返済とすることで、現在の返済額を下回ることができるのです。
新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】