自営業の方の住宅ローン仮審査は厳しい?

住宅ローンの仮審査で自営業の方が通過しやすくするためには、確定申告で連続黒字になっていることや、頭金を用意できることなどで、安定した収入があることをアピールすることが大切です。
自営業の場合、どうしても収入に波がありますから銀行側も住宅ローンという長期ローンを融資するのに慎重になります。
保証会社が系列であれば通り易いということもあるようですが、別会社の保証会社であれば難しくなることもあります。
住宅ローンの仮審査では、かつてのクレジットカードの引き落としが出来なかったとか、支払いに遅れが出たということもリスクありと判断されます。
一般会社員でも、そうした事故経験者はフラット35であっても住宅ローンが借りられ無いことがあります。