住宅ローン借り換えの三大疾病保障とは?

住宅ローンは新規や借り換えを問わず高額な借入になるので、ほとんどの銀行では融資条件に「団体信用生命保険」の加入を義務づけています。
この保険は、債務者が住宅ローンの返済中に死亡、もしくは高度障害になって返済が不能になった際に保険会社が代わりに弁済してくれる制度です。
最近は、この条件に加えて「ガン、急性心筋梗塞、脳卒中」という三大疾病の特約をつけた保険も提供されていますし、更に「糖尿病、高血圧性疾患、慢性腎不全、肝疾患、慢性膵炎」で入院が180日間継続した場合にも保険が適用される八大疾病特約なども用意されています。
又、債務者が要介護状態で180日間以上入院した場合や「要介護3以上」の認定を受けた際に弁済してくれる「介護保障特約」というオプションも人気です。
http://www.karikae-ranking.com/