カジノ映画の中のマジックって?

カジノを舞台としたりギャンブルをテーマとした映画は少なくありません。
古くは「007カジノロワイヤル」や最近では「オーシャンズ11」「グランド・イリュージョン」といったものがあります。
それらの中でまさに金字塔といえるのが、1973年に公開された「スティング」ではないでしょうか。
「明日へ向かって撃て」で共演した名優ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再度共演し、第46回アカデミー賞作品賞を受賞した作品です。
たとえ映画を知らなくてもテーマ曲の「ジ・エンターテイナー」は必ずどこかで耳にしたことがあるでしょう。
この作品の中で、ポーカーのイカサマテクニックを演じるシーンがあるのですが、このシーンはギャンブル研究家でマジシャンでもあるジョン・スカーニーが手だけを代役で演じています。
マジックの中にはギャンブルのテクニックが取り入れられたものがたくさんあり、ギャンブルとマジックは切っても切れない関係にあるといえます。